高西社会保険労務士事務所(広島市)
高西社会保険労務士事務所 助成金・就業規則サポート

メニュー:賃金制度の構築
給与・昇給の決定

給与の設定や昇給基準は、経営者の頭を悩ます人事の一つです。

誰にどのくらい昇給してあげるのか、中途採用者の給与はどのくらい

に設定するのか。

単純のようですが、人を評価して給与を決めるという事は非常に難しい

ものです。

給与の決定は、本来、従業員の生活給、やる気に関わってくるため、

そう簡単に決定できるものではありません。会社の資本力、同業界の

水準も考慮する必要があります。

事務所では、各会社に応じた企業が発展していく賃金制度を、経営者

様と一緒に考え、作っていくお手伝いをさせて頂きます。



よくある会社の給与の決め方

給与をおろそかに決めている会社の例です。

○ 景気の悪い年は昇給をしなかったので、新入社員と先輩社員

  と給与が同じになった。

○ 既存社員に昇級していなかったので、中途採用者の方が給与が

  高くなった。

○ 昔からいる社員の人件費が高く、若い元気な社員に昇級させる

  ことができない。

○ 従業員に給与を上げてくれなければ退職するといわれ、能力もな

  いのに給料が高い者がいる。

○ 年々昇給し続けたため高い人件費率になった。

おそらく、どこの会社も似たような状況や悩みを抱えていることでしょう。

 

働く従業員側からすると

○ 自分より後に入った社員の方が給料が高い。

○ 同じ仕事をしているのに、年配というだけで給料が高い。

○ 一生懸命に仕事をしているのに、昇給がない。

○ 将来自分の給料は、どうなるんだろうか不安。

こんな不満を言っていることでしょう。

これでは、労使双方の関係がうまくいくわけがありません。

こう考えると、給料や昇給の基準を作っていくことが、企業経営する

うえで重要となってきます。



昇給・評価基準の作成

給料や昇給基準というのは、各会社の実情に応じて作成して

いかなければなりません。

それには、判断基準となる考課表の作成も必要となります。

会社の勝手な都合で作成すれば、逆に制度を作らなければ良

かったということにもなります。

それだけ、人を評価する判断基準は慎重に進めて行かなけれ

ばなりません。

会社の実情に合わせたオリジナルの賃金制度を作りましょう!




▲上へ
高西社会保険労務士事務所(広島市)トップページ