未払いの残業とは

労働基準法では、1日8時間、週40時間以内の労働と決められて

いますが、36協定を届け出た場合には、協定の範囲内で時間外

労働させることができます。

1日8時間、週40時間を超えて労働した場合には、管理監督者以外

の従業員には、時間外労働として割増賃金を計上する必要があります。

この時間外労働に対する賃金の未払いのことを指しています。